精神疾患にもローヤルゼリー

ストレス社会とも言われる現代の日本では、精神疾患に悩まされる方が増えています。
適応障害・パニック障害・うつ・統合失調症などの様々な精神疾患がありますが、
現代のようなストレス社会では誰が患ってもおかしくない病気です。

精神疾患の患者数が急激に増えている昨今では、ストレスに効果があると謳った健康食品が数多く販売されています。
しかし、謳われる効果に対して信頼できるデータを持っている健康食品はほとんどありません。

ローヤルゼリーの場合、実際にラットを使った実験もされています。
ローヤルゼリーを与えたグループと与えないグループに分け、不安と強迫観念への効果テストが行われました。
ローヤルゼリーを与えたラットには、不安・強迫観念ともに解消されたという有意な数値が示されています。

例えば「うつ」の場合ビタミンB12が症状改善に役立つといわれているのですが、
ローヤルゼリーにはビタミンB群が豊富に含まれていることから改善のサポートとなると言えるでしょう。
ビタミンB12は神経伝達物質の合成に必要なものです。

ビタミンB12が不足すると「イライラ」「無気力」といった症状が引き起こされます。
「うつ」ではないけれど、イライラしがちだったり・倦怠感におそわれたり・気力が湧かない、
といった不安のある方にも効果が期待できます。
こちらの健康食品としての蜂蜜との違いのページなどでも詳しく説明しています。ご覧になってみてください。

精神的にも肉体的にも健康な状態を保つためには、ストレスも含めた生活習慣を整えることが大切です。
ローヤルゼリーには、身体に必要な栄養素が40種類以上含まれています。
どこか一点を補うのではなく広範囲に栄養を補うことで、身体の良い循環が期待できます。

精神疾患を患いやすい人には、「責任感が強い」「真面目」といった傾向があると言われています。
責任感が強く真面目な方は、「自分の責任」と感じてしまうことが多いのではないでしょうか。

誰もが強いストレスを感じながら生活している現代ですが、ローヤルゼリーの豊富な栄養素で精神疾患の原因解消をサポートし、 ストレスを上手に緩和すると良いでしょう。(ローヤルゼリーの栄養素については、「ローヤルゼリーに含まれる栄養素」もご覧ください)

治療のためにお薬を服用している方は、お薬によっては相性が悪いものもあるため、
念のため医師に相談したほうが良いでしょう。(「ローヤルゼリーの副作用について」もご覧ください)

Copyright© 2012 ローヤルゼリー探究 All Rights Reserved.

ローヤルゼリーの効果・効能や服用方法・美容への効果、成分などを解説したサイトです。