ローヤルゼリー美味しい摂取方法

ローヤルゼリーの栄養素を出来る限り多く摂取するために、生ローヤルゼリーにこだわっている方も多いのです。
ローヤルゼリーはデセン酸の含有量が高く高品質なほど、独特の酸味や刺激が強くなります。
(品質・製品タイプに関しては、「良質なローヤルゼリーを選ぶ」もご覧ください)
しかし、独特の風味を苦手とし、継続をあきらめる方も多いようですので、
良質な生ローヤルゼリーを美味しく続けられるレシピをご紹介致します。

【乳製品と混ぜる】
ローヤルゼリーは乳製品との相性が抜群です。
牛乳・ヨーグルトに混ぜることで抵抗なく摂取できるでしょう。

【ジュースと混ぜる】
オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど柑橘系のさっぱりとしたジュースは、
ローヤルゼリーの独特の酸味の印象を和らげてくれます。
出来るだけ濃厚な果汁100%のジュースがおススメです。

【シャーベットとして】
ローヤルゼリーは日持ちしませんので、消費に要する日数によっては冷凍庫で保存する必要があります。
冷凍したローヤルゼリーはシャーベット感覚で摂取することが出来ます。
独特の酸味はありますが、さっぱりと食べることが出来ます。

【はちみつと混ぜる】
ローヤルゼリーもはちみつもミツバチが作り出したものですので、この二つは相性抜群です。
甘いものが好きな方は、ローヤルゼリーと同じくらいの量のはちみつを混ぜると食べやすいと思います。
しかし、はちみつの糖分は、摂取後分解・吸収のために体内のビタミンB1を消費します。
せっかくローヤルゼリーでビタミンB1を摂取しても同時に消費してしまうので、
出来るだけ糖分を一緒に摂取するのは避けたほうが良さそうです。

この他にも、ご自身で色々なレシピを試してみるのも良いでしょう。
試した結果、どうしてもローヤルゼリーの味が駄目だと思ったら、乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーを試してみると良いでしょう。
より生ローヤルゼリーに近い栄養素を求めるのであれば、乾燥ローヤルゼリーが良いでしょう。
カプセルタイプなので、味が気になりません。

他の成分も一緒に摂取したい、美味しいと感じながら摂取したいという場合には調整ローヤルゼリーが良いでしょう。
こちらの、ローヤルゼリーサイトなども参考にしてみてください。

なによりも継続が一番大切です。
レシピを参考にしながら、ご自身に無理のない摂取方法を見つけてください
ローヤルゼリーの適切な摂取量についてのページもぜひ、ご覧ください。
味が苦手な方はhttp://www.ramadasuite-seoul.com/royal.htmlで紹介されているサプリメントタイプもおすすめですよ。

Copyright© 2012 ローヤルゼリー探究 All Rights Reserved.

ローヤルゼリーの効果・効能や服用方法・美容への効果、成分などを解説したサイトです。